将来を見据えて注文住宅でバリアフリー

私たち家族は、将来のライフスタイルを見据えての注文住宅を工務店で建てました。
最初は2階建てをと思っていたのですが、広い敷地に2階建てはおかしいとの意見で平屋に変更しました。
平屋にしたことで、バリアフリーについて考えるようになり、いくつかの書籍を見たり、設計士の方と相談して将来住みやすい家を想定しての家を建てることにしました。

まず書籍から自分のイメージするものをピックアップして設計士の方に相談しました。
バリアフリーということで、まずは入口から玄関まではスロープをつけて玄関内に車椅子等を格納できるようにしました。
部屋の仕切りはすべて引き戸にして部屋の中もオープンな感じで利用できるようにしました。
将来子供との同居を考えてトイレを後から追加で設置できるように設計し、現在は納戸として利用しています。
風呂場や洗面所も広めにとって、既に手すりをつけて老後に優しい家になっています。

今現在の生活スタイルに合わせた家も魅力的だと思いますが、後から色々と追加で工事をすることを考えたら、将来を見据えた設計をすることで人にやさしい家になりますよ。もちろん、省エネ改修から介護用リフォームまで様々なリノベーションに対応している工務店もあります。私たちが依頼した工務店がそうでした。

そういうわけで、今後もし追加で工事をしたいと思い立っても一先ず安心です。幅広い要望に応えてくれる工務店が近くにいてくれる安心感も、注文住宅に暮らすメリットであり、大切な事だと思います。

 

PR:工務店向け集客ノウハウ,生命保険の選び方,SEOアクセスアップ相互リンク集,住宅リフォーム総合情報,英語上達の秘訣,貯蓄,健康マニアによる無病ライフ